小松市の整体なら「おきまち整骨院」痛み・しびれが最短で根本改善!

from 堅田大介

おきまち整骨院です。
今日は食べ物と肩こりの関係についてお話をします。

悪い食べ物を食べることで内臓疲労が起こり、その結果腰痛を引き起こします。
これは前回のブログにも書いてありますので読んでみてください♪

今回は肩こりと食べ物について関係を以下に書いてみました!
1:糖分(白砂糖)の摂りすぎによる心臓への負担
  糖分は毛細血管を破壊するため、心臓への負担が大きくなります。
  その結果、心臓に負担がかかれば左肩に症状が出ます。
  毛細血管を破壊することは脳へのダメージも起こるため、頭痛も引き起こします。

2:動物性タンパク質、アルコールを取り過ぎている場合
 動物性タンパク質はアミノ酸に分解する時に、アンモニアが発生します。
 それを肝臓で尿素に作り変えるが、動物性タンパク質を取り過ぎると肝臓に負担がかかります
  動物性タンパク質の食べ過ぎで血液が粘り、腎臓の機能が低下することで右肩に症状が出ます。
 アルコールも肝臓で分解するため、アルコールを取り過ぎていると肝臓に負担がかかり肩こりとなります。

食べ物を食べることで体を作ることができますが、取りすぎることで逆に体を壊してしまいます。
特に白砂糖は体に悪影響を及ぼすことは証明されおり、代わりにてんさい糖、ラカントなど自然のものから作られるものが
おすすめです!

「おきまち整骨院」小松市の整体で口コミ評価NO.1 PAGETOP