「あかとんぼ接骨院 金沢ベイ店」痛み・しびれが最短で根本改善!

膝に痛みがあると血行が悪くなり、痛みを生み出す発痛物質が放出されて、ますます痛みが増強されてしまいます。この「痛みの悪循環」を断ち切る方法として、血行促進が有効です。血流が良くなると、発痛物質が押し流されて筋肉の緊張もほぐれるため、痛みを和らげる効果があるとされています。東洋医学では、ツボへ刺激を与えて血流を促します。膝の痛み対策に効果的なツボを知り、ケアしてみましょう。

東洋医学でいう「ツボ」とは?

東洋医学では、病気になったり体調不良になったりするのは、「気」と「血」の流れが悪くなるせいだと考えられています。気血とは生命エネルギーを意味します。その気血を司るのが、経絡と経穴です。気血が流れるルートを経絡といい、全身に12本の通り道が張り巡らされています。そして、経穴というのがいわゆるツボのこと。皮膚にある特定のポイントで、経絡を通じて体内の臓器とつながっています。WHO(世界保健機関)では、361の経穴が認められています。

膝の痛みに効くツボ

内膝眼(ないしつがん)、外膝眼(がいしつがん)
いわゆる「膝のお皿」のすぐ下にある外側と内側のくぼみです。内側を内膝眼、外側を外膝眼といいます。
膝の痛みに効くツボ
委中(いちゅう)
膝の裏側中央にあるツボです。
委中(いちゅう)
梁丘(りょうきゅう)
膝の皿の外側にある出っ張った骨から、指3本分上にあるくぼみです。
梁丘(りょうきゅう)

血の巡りをアップする方法

ツボに刺激を与えると、血流アップにつながります。次のような方法を試してみましょう。

鍼(はり)

ツボに鍼をさす方法です。「はり」と聞くと、注射や裁縫などで使う針を想像するかもしれませんが、治療用に使う鍼とは大きく異なります。鍼をさしたときの痛みの感じ方には個人差があり、体調によっても変化します。鍼に電気刺激を加える場合もあります。

お灸

ヨモギの葉の裏にある白い綿毛からできた「もぐさ」を使う民間療法です。もぐさをツボに置き、火をつけて温めて、血流を促します。お灸というとお年寄りのイメージがあるかもしれませんが、最近では20〜30代の女性の間でブームとなっています。火を使わないタイプやアロマが香るタイプなど、さまざまな種類が販売されており、自宅で気軽にセルフケアができます。

カイロ

ツボの場所がわかりにくい場合は、大きめのカイロでツボを囲むように温めてみましょう。効率的に膝周りの血流を促すことができます。ただし、肌に直接カイロを貼ったり、カイロを貼ったまま眠ったりすると、気づかないうちに低温火傷を起こす恐れがあります。長時間、同じ場所にカイロを当てるのは避けて、熱いと感じたらすぐに外しましょう。

「あかとんぼ接骨院 金沢ベイ店」金沢市の整体で口コミ評価NO.1 PAGETOP