ブログ

2018/10/09(火)

脊柱管狭窄症?ヘルニア?坐骨神経痛の解消法!

カテゴリー:ヘルニア, 坐骨神経痛, 整体

 

「おきまち整骨院」スタッフ

「整体院 ほねまる本舗」院長の伊藤です。

 

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの共通の症状として坐骨神経痛があります。

以前にお伝えした臀部のトリガーポイントはいかがでしたか?

まだ他にも坐骨神経痛の原因となっている筋肉はたくさんあります。

 

本日もその中の1つ、腓骨筋のトリガーポイントをご紹介します。

 

神経痛として痛みや痺れが表れる場所として、にふくらはぎの外側に見られる方は多いです。

その部分に痛みや痺れがあると、医療機関では腰の検査を行います。

MRIやCT検査を行い、腰の神経が何らかの原因で狭窄されていると、坐骨神経痛の一種として扱い治療を進めていきます。

治療方法としては、その部位に電気を当てたり、腰のリハビリを行います。

しかし、腰の部分で神経が狭窄されているのに「なぜ、ぜふくらはぎだけ症状が出ているの?」「なぜ、腰~臀部・大腿部に症状が出ていないの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

 

以前にお伝えしたように、神経が狭窄されたからといって必ずしもそれが原因で神経痛を呈することはありません。

他にも神経痛が起きる原因の1つとして、血管(動脈)の圧迫があります。いわゆる阻血状態です。

正座を長時間していて足が痺れることありますよね?あれも長時間脚の血管が圧迫され続けることによって症状が出ているのです。

しばらく歩いたり、足を伸ばしていると血行が戻り、痺れも取れますよね?

なので、坐骨神経痛も同じ考え方をすればいいのです!

 

でもどうやって血管が圧迫されているの?と疑問に思いますよね。

血管が圧迫される原因の1つとして筋硬結があげられます。

なので、痛みの出ている部位に関連する筋肉の筋硬結を調べることによって判断できます。

その部分が原因であれば、筋硬結を押した時に神経様の症状が出ます。

その場合は、その筋硬結を取ってあげることで症状は改善されます。

 

腓骨筋

 

腓骨筋には図のように、長腓骨筋・短腓骨筋・第三腓骨筋の3つがあります。

症状の出ている箇所によって、それぞれトリガーポイントの箇所も変わります。以下の図のようになります。

 

✖ = トリガーポイント

斑点 = 神経痛様の症状

 

方法

自分の指を使って押していきます。

症状が出ている範囲と一致する✖の部分を、母指(親指)で押すだけです。

トリガーポイントには筋硬結があるので「ここ硬いな?」「ここ押すと痛い!」と感じる部分を押してください。

※場所はふくらはぎなので、臀部のときのように押しにくい箇所ではありません。

 

強さ:ある程度痛みが出る範囲で一定の圧を維持する(強弱はつけなくていい)

時間:60~90秒程

頻度:1日3回(朝・昼・夜)

 

たったこれだけでいいのです。

 

これで症状が改善されなかった方は、他に原因があるのでしょう。

また改善された方もそうです。トリガーポイントを緩めることで症状が改善しても、トリガーポイントができる原因を探さないと根本的な改善は見込めません。

いずれにしろ、その症状には根本的な原因があるのです。

そこを自分で理解し、予防方法を知ることができれば、その症状と一緒に生活しなくてよくなります。

今の症状を根本から改善したいと考えている方へ。

悩んであれこれ手を出す前に、一度ご相談ください↓

慢性腰痛

http://seitai-honemaruhonpo.net

 

 

 

10月13日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。