ブログ

2018/09/24(月)

自宅でヘルニア対策ができる?画期的なストレッチ方法!

カテゴリー:ヘルニア

 

「おきまち整骨院」スタッフ

「ほねまる本舗」院長の伊藤です。

 

本日は、自宅で行えるヘルニア対策のストレッチをお伝えします。

 

ヘルニアの症状が軽減・悪化しないストレッチ方法

   ⇒   

方法

1.うつ伏せの状態になり、手の平を肩の真下に置きます。

2.その位置から肘を伸ばし、腰を反らします。

3.この動作を10回ほど繰り返します。

※一気に反るのではなく、徐々に動きの範囲を大きくするようにしましょう。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎体と椎体の間にある椎間板が後方へ突出し神経を圧迫し、痛み・痺れを発生させます。

椎間板はほとんど水分でできており、前かがみになると後ろへ膨らみ、反らすと前へ膨らみます。

そのため、後方へ突出する腰椎椎間板ヘルニアの場合は、腰を反らす運動でヘルニア(髄核)が前方向へ戻る作用が働きます。

その結果、腰反らし運動をすることで、髄核が吸収されやすくなります。

 

※この動作をして痛み・痺れが増強する方は控えて下さい。

尚、痛みがあまり出ない程度に反る度合いを調節してください。

 

ヘルニアでお悩みの方は、今すぐご相談下さい↓

慢性腰痛

http://seitai-honemaruhonpo.net/

当院では、身体の悩みを全力でサポート致します!

 

 

 

10月13日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。