ブログ

2018/09/17(月)

○○のツボが腰痛に効く?!

カテゴリー:ぎっくり腰, 慢性腰痛

 

おきまち整骨院スタッフ

「ほねまる本舗」院長の伊藤です。

 

よく動き過ぎたから腰が痛くなった、負担がかかって腰が痛くなったと言いますが、それは本当なのでしょうか?

最近は日本の食文化も変わってきており、食生活が乱れ腎臓に負担をかけていませんか?

腎臓は身体に不要な老廃物を尿にして排出しようとする働きがあります。

食生活の乱れにより、老廃物を排出しようと腎臓が通常よりも多く働きます。

内臓も平滑筋という筋肉なので、頑張って働くことで疲労します。疲労をしたら、筋肉の性質上硬くなります。

その影響で腎臓周囲の筋膜が硬くなり、大腰筋や脊柱起立筋などの筋肉にも影響を与えます。

その結果、腎臓由来の腰痛が発生するのです。

 

腎臓は非常に重要な役割を担っており、身体に不要なもの必要なものを濾過して、不要なものを排出させます。

しかし、疲労を起こし働きが悪くなると、不要なものを排出する機能が低下して、身体中に不要なものが滞る状態になります。

その為、この臓器に問題があると身体全体の疲れにもつながるのです。

 

そこで、腎臓由来の腰痛に効く、ツボ(経絡)をご紹介します。

 

腎兪(じんゆ)

へその高さで腰に手を置くと、自然に親指が届くところにあります。

試しに親指に力を入れてみてください。それだけで痛みが出るようでしたら、腎臓由来の腰痛予備軍です。

1回1分を目安に手を左右に大きく動かし刺激を与えるだけです。

更に腎兪の部分をカイロやホットタオルなどで温めると効果は倍増します。

何となく腰が重い、足がだるい、疲れが抜けない、お腹に力が入らない、トイレが近いなどの症状があるようでしたら、腎臓由来の症状の可能性が高いです。そんな時は上記の方法を試してみてください。

少しは症状が軽減されれば、腎臓由来の症状だと考えていいでしょう。

しかし、これだけの治療では治りません。手技療法+食生活の見直しが必要になってきます。

 

腰痛でお困りなら、まずはご相談ください↓

慢性腰痛

http://seitai-honemaruhonpo.net/

 

 

 

10月13日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。