ブログ

2018/09/14(金)

整体って医療費控除の対象なの?

カテゴリー:整体

 

おきまち整骨院・「ほねまる本舗」院長の伊藤です。

医療費控除ってご存知ですか?

医療費控除とは、一定額以上の医療費を年間で支払った場合、納めた税金の一部が戻ってくるというものです。

ただし、会社員であっても確定申告をする必要があります。

 

支払った医療費の額がそのまま戻ってくると勘違いされる方も多いかもしれませんが、支払った医療費に応じて税金を計算し直すというものです。

会社員:医療費控除によって給与から天引きされた所得税の還付が受けられる

個人事業主:医療費控除を確定申告に反映させることで節税効果が見込める

 

医療費控除額(上限200万円)

=医療費(保険金で補填された額を除く) – 10万円(総所得が200万円以下の人は総所得金額の5%)

 

医療費控除の対象となるものとならないものの違い

 

医療費控除の対象となる医療行為「治療を目的とした医療費」

・病院での診療費/治療費/入院費

・医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用

・治療に必要な松葉杖などの医療器具の購入費

・通院に必要な交通費

・歯の治療費(保険適応外の費用を含む)

・子供の歯列矯正費用

・治療のためのリハビリ/マッサージ費用

※治療を目的とした整体に関しては含まれる場合があります。

・介護保険の対象となる介護費用

 

医療費控除の対象とならない医療行為「予防を目的とした医療費」

・人間ドックなどの健康診断の費用(病気が発見され治療をした場合は対象になる)

・予防注射の費用

・美容整形の治療費用

・漢方薬やビタミン剤の費用

・マイカー通院のガソリン代や駐車料金

・里帰り出産のための実家への交通費

・自分の都合で利用した差額ベッド代

 

医療費控除は、所得税の還付が受けられるだけでなく、翌年の住民税にも反映されます。

家族の医療費が10万円を超えるときには、医療費控除の確定申告を行ってみましょう。

 

 

 

11月17日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。