ブログ

2018/09/07(金)

はり・きゅう、マッサージ、整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるか?

カテゴリー:ぎっくり腰, トレーニング, 体 ゆがみ, 坐骨神経痛, 慢性腰痛, 肩こり・頭痛, 腰痛 原因

 

おきまち整骨院院長・ほねまる本舗代表の堅田です。

はり・きゅう、マッサージ、整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるか?についてお話をしていきますね♪

接骨院・整骨院などにかかるとき

接骨院・整骨院(柔道整復師の施術)の正しいかかり方

接骨院・整骨院の柔道整復師は、医師ではありませんので医療行為はできません。
このため、医師の「治療」に対し、柔道整復師の行為は「施術」といいます。
接骨院・整骨院は入り口に「健康保険取り扱い」と書かれていても医療機関ではありませんので、健康保険が使える範囲は限られています。

健康保険が使える場合

転んだり、うったりという急性の外傷性の負傷の場合に健康保険が使えます。

  • ●打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)⇒出血を伴うものは除きます。
  • ●骨折、不全骨折(ひび)、脱臼⇒応急手当以外は、医師の同意が必要です。

健康保険が使えない場合(全額自己負担になります。)

  • ●日常生活の疲労、肩こり、腰痛、五十肩
  • ●スポーツや仕事、家事などによる筋肉疲労、筋肉痛
  • ●病気(神経痛、リウマチ、関節炎、椎間板ヘルニア等)が原因の痛みやこり
  • ●脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善が見られない長期の施術
  • ●同じ負傷で医療機関で治療中のもの

針灸院、あんまマッサージの正しいかかり方

(1)針灸院は、はり・きゅうの施術を行うところです。慢性的な疼痛などによる疾患で、医師の同意があった場合に限り健康保険が使えます。ただし、現に医療機関で治療中の病気に対しては認められません。

健康保険が使える場合

神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、むちうち症等

(2)あんまマッサージは、医師に医療上効果があると認められ、医師の同意があった場合に限り健康保険が使えます。

健康保険が使える場合

筋麻痺、関節拘縮等で、医療上必要があって行われたと認められるもの

 

接骨院・整骨院で肩こりや腰痛を保険診療しているところは実際にありますが、

そういうところではその場しのぎの施術がほとんどです。

だから患者さんも”ここじゃない”と思い、違う接骨院へ転々としますがどこも同じで結局治すこと諦めてします。

当院は、その場しのぎではなく根本的に改善できるように施術時間を確保したり、慢性痛に特化した施術を行なっております。

 

当院では、このような症状お任せください!

坐骨神経痛

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

慢性腰痛

ぎっくり腰

肩こり

任せていただけるなら責任を持ってやらせていただきます!

まずは、無料相談をこちらへ

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

 

11月17日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。