ブログ

2018/05/09(水)

腰痛に悩まされる割合は10人に1人 職場でできる腰痛対策

カテゴリー:ぎっくり腰

 

from 堅田大介

おきまち整骨院です。
腰痛に悩まされる人は世界的に増えています。
10人に1人は腰痛を抱えており、その3分の1は職場で発生していることが明らかになりました。
腰痛は簡単な対策で改善できます。

シドニー大学の研究チームは、187ヵ国21地域を対象に行われた「世界的な疾病の課題2010」研究のデータをもとに、腰痛が引き起こす障害について調査しました。
腰痛の原因はさまざまですが、年代によって原因に傾向がみられます。

40~50歳代では、原因の多くを「椎間板ヘルニア」が占めます。

60歳以上で多いのは「脊柱管狭窄症」で、脊柱(背骨)の中の神経が通る空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて腰痛が現れます。

 一般的に、腰椎椎間板ヘルニアはおじぎをすると症状が強くなり、体を反らせると楽になるが、脊柱管狭窄症は体を反らせると症状が強くなり、おじぎをすると楽になります。

腰痛は原因を特定できないケースが多く、全体の80%以上は原因がはっきりしていないという。
エックス線検査などの画像検査で異常が発見されにくい筋肉や関節、椎間板などに原因があるとみられ、特に筋肉に関係する腰痛が多いとみられています。

職場で発生する腰痛には、「長時間の同じ姿勢でいる」、「荷物などの持ち上げが多い」、「力仕事が多い」ことなどが影響しています。

腰痛に悩まされるのが多いのは先進国だけでなく、人口密度の高いアジアや北米、中東においてもみられ、
アジア、オセアニア、アフリカでも腰痛は増加しています。

「腰痛のリスクがもっとも高いのは、農業部門に従事する働き盛りの世代です。

次回は、腰痛を予防・改善する5つの方法についてお話をしていきます♪

 

 

 

12月29日(土)まで
先着6名様限定割引 → 予約多数のため残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

0761-27-0853

【受付時間】8時〜21時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。